通販サイト調査 通販詐欺の対策や相談

怪しい通販サイトでクレジットカードが不正利用された例や対策・対処法まとめ

ここ数年クレジットカードの不正利用被害額は増えており、他人事ではないようです。

怪しい通販サイトにカード番号を入力した結果、買い物をしていないにも関わらずクレジットカードを不正利用されてしまった事例もあるようです。

その他の実際の体験談や、カードを悪用されてしまった場合の対処法・予防対策について解説した動画をまとめました。

※各ツイートや動画の内容の正確性について保証はできかねますので、各自でご判断ください。

クレジットカードが不正利用されてしまった事例・体験談

ネット通販が原因と考えられる例

当サイトで調査・注意喚起したショップにはたとえば以下が挙げられます。

meetpincoという通販サイト

hassyonという通販サイト

こちらはVISAデビットカードを不正利用された可能性があるとのこと。サイトで購入した同じ日に香港で2800円の家具が買われていたようです。

⇒ 悪質Hassyonにカード不正利用されてしまった

次の動画では、怪しい通販サイト利用のリアルな実体験が語られています。

怪しい通販サイトでクレジットカード番号や個人情報を入力した結果、買い物をしていないにもかかわらず、後日不正利用されてしまったとのことです。

・日本語が不自然な高評価のレビューばかり

・会社住所は東京と記載されているが、運営は外国

・クレジットカードが正常に決済できないことがある

・カートから商品が削除できない

・個人情報やカード情報がサイトから消せない

といった特徴がみられたようです。

正確な原因が不明な例

↑カード不正利用発覚の経緯を寸劇形式で面白く再現しています。正確な原因は不明ですが、フリーwifiの可能性も疑っているとのこと。カード番号だけでなくIDやパスワードもネット経由で流出してしまったようです。

↑この方は少額の不正利用から始まって、総額50万円の被害を受けてしまったようです。クレジットカード会社によっても対応は異なるようです。

不正利用されてしまった場合の対処法・予防対策など

↑マンガで大変わかりやすく説明されています。

クレジットカードが不正利用される原因として、

フィッシング詐欺、スキミング、ネットショッピング詐欺、なりすましなどが挙げられています。

不正利用された可能性がある場合は、まずカード会社に連絡して利用を停止してもらうことが大切なようです。

その後、警察に盗難届を出して届け出番号をカード会社に伝えるなどして、新しいカード発行となるようです。

身に覚えのない請求があった場合には、

・購入から請求までに時間差がある可能性

・身内が使った可能性

・利用した店と支払先の名前が違う可能性

などをまず考慮するべきとのことです。

↑こちらもとてもわかりやすく対処法が解説されています。

一定期間が過ぎてしまったり、所有者に重大な過失がある場合(カード裏面に暗証番号を書いていたり、署名していないなど)は被害額が補償されない場合もあるので注意が必要とのことです。

安心・安全に買い物をするためには?

クレジットカード不正利用への基本的な対策としては、

ネット通販を利用する前に信頼できるサイトか見極める

カードの利用明細をこまめにチェックする

といった点が挙げられています。

※カード利用明細のチェックは、自動でできる次の無料アプリがおすすめです。

⇒ 今すぐ簡単にできるクレジットカード不正利用の対策!おすすめの無料アプリ紹介

-通販サイト調査, 通販詐欺の対策や相談

© 2020 ファッション通販サイトの口コミ評判調査 by 在宅フリーランス